巻き爪の治療が自宅で簡単に出来る!

巻き爪とは?いま無痛でも注意しないと・・・

巻き爪の治療が自分で簡単に出来る! > 巻き爪とは

日本人の10人に一人が巻き爪?!

巻き爪という言葉、ほとんどの人が聞いた事がありますよね?

実は巻き爪は、老若男女を問わず、誰にでも発生する可能性があります。

日本人の実に10人に1人が、悩まされているとも言われている
極めてポピュラーな症状です。


主に体重の掛かりやすい、親指に巻き爪が発生しますが、
他の爪に発生する事も珍しくはありません。

ですが、症状として世間的な認知は高いとは言えず、
「見た目の問題だから気にしなくてもいい」
と軽く考えている方も多いようです。

ほおっておくととんでもない事に・・・

巻き爪は、当初は、ただ、爪がまくれてくるだけで、
無痛であっても、最期には、爪下の肉に喰い込むようになります。


そうすると、圧迫を受けた肉の部分が激痛を発生させる事になります。

これを、尚も放置すると、爪が食い込んだ部分が
肉芽を造りだしたり、化膿を起こしたりします。

こうなると、歩行しなくても痛みが続く事になり、
日常生活にも支障を来すような事態にさえなります。


また、巻き爪の指をかばって歩くようになると、
次第に歩行が不自然になって、変な部分に力が掛かるようになります。

それが元で、足首や膝、それから腰へと負担が掛かっていく事にもなり、
捻挫を起こしたり、膝痛や腰痛を起こす原因になります。

深爪は巻き爪防止にならない?

この巻き爪を防ぐ為に、爪を切る際に、深爪をする方も
いらっしゃるようですが、それは逆効果です。

深爪をすると、爪の周りの皮膚が爪にのっかり成長を阻害する上に、
爪は余計に皮膚に喰い込んでくるように伸びてくるのです。


それ以外にも、足の指に重いものをぶつける、或いは、硬いものに
足をぶつけるような事があった場合も深爪が発生する場合があります。

それは、爪の下の皮膚組織が内出血を起こして、皮膚が腫れあがる事で、
爪が押し上げられて変形してしまうケースです。


巻き爪は、初期には、痛みらしい痛みのない病気ですが、
放置する事で悪化してしまいます。

早期に処置すれば、すぐに治り、再発も防げる病気ですから、
たかが巻き爪と侮る事なく、病院を受診してみましょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional