巻き爪の治療が自宅で簡単に出来る!

巻き爪の原因いろいろ!これに当てはまる人は注意!

巻き爪の治療が自分で簡単に出来る! > 巻き爪の原因

原因で当てはまるものがあれば巻き爪注意!

巻き爪になる原因には、色々なものがあります。
主な原因だけでも、5種類もの原因があります。

この中であなたに当てはまるものがあれば、巻き爪に注意が必要です。
チェックしてみて下さい。

巻き爪の原因をチェック!あなたの巻き爪はこのタイプ

①遺伝による巻き爪

顔形に関わらず、爪も両親の影響を受ける部分です。
顔以上に両親の特徴を受け継ぎやすい部分でもあります。

まず、ご両親の爪の形状を見てみましょう。
ご両親に巻き爪の症状があるなら遺伝の要素が高いです。

②年齢を原因とするもの

爪は、年齢を経過するとどうしても厚くなります。
厚さが増すと、肉の部分からの水分が爪の表面に行き渡らなくなります。

すると、爪から水分が失われて乾燥しやすくなり縮んでしまうのです。

こうして、内側に爪が曲がってしまうという巻き爪が発生しやすくなります。

③スポーツによる爪への負担

バレエや、サッカー、バレーボールのような、爪先に体重が掛かったり、
急停止が必要なスポーツは、巻き爪の原因になります。

巻き爪治療の為には、本来は控えるのが一番ですが
そうもいかない場合は、靴先に入れる緩衝材を活用しましょう。

④爪の切り方が悪いもの

足の爪にも切り方というものがあります。
理想的な長さは先端お肉くらいまでの長さです。

爪の両端は、切りこまず、角を残すのが大事です。
この角の部分を嫌ってカットしてしまう人もいますがお薦めできません。

というのも、爪には、内側の肉が盛り上がらないようにする
ストッパーの役割があるからです。


爪の強度を落とすと、肉の圧迫で、巻き爪が余計に
肉に喰い込むような事態を招いてしまうのです。

ですから、深爪もいけません。
爪は適度な長さを維持するのが一番大事な事なのです。

⑤サポート力の強いストッキング

サポート力の強いストッキングも、その引き締めの強さで
爪に負担を掛けてしまう原因になります。

どうしても、ストッキングを利用する場合には
ストッキングの爪先を数時間置きに緩めてみて下さい。



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional