巻き爪の治療が自宅で簡単に出来る!

巻き爪で親指が腫れあがって痛い!対処法は?

巻き爪の治療が自分で簡単に出来る! > 巻き爪の腫れ

巻き爪で腫れてしまった時の対処法は?



まずは、巻き爪矯正を実際にしているこちら動画をご覧ください。

これは巻き爪ロボという巻き爪を自宅で簡単に矯正してしまう医療機器の認可を取得している治療器具です。

▼詳しくは公式サイトをご覧ください▼

巻き爪で一番怖いのは、それが化膿を引き起こしてしまう事です。

巻き爪の症状が悪化して化膿すると腫れてかなり痛みます。多くの人が我慢して放置してしまうのですが、放置すればするほど症状は悪化する可能性が高いです。

なので、もし、巻き爪になったとしたら絶対に放置してはいけません。


巻き爪が痛くて腫れてきた時の対処法としては、化膿して腫れている場合、その症状を抑えることから始める必要があります。

理由は化膿していたり、腫れていたりすると、巻き爪を治療するための選択肢が減ってしまうからです。

というのも、巻き爪の治療には矯正する方法があるのですが、化膿している場合、腫れている場合はその矯正がすぐできなくなってしまうのです。

なので、もし、あなたが巻き爪の痛みで悩んでいて、まだ化膿していないとしたら、悪化する前に治療もしくは矯正をした方がいいでしょう。


まずは知識として、選択肢として、自宅で簡単に巻き爪が矯正できる器具があるということを知っておいてもらいたいと私は思っています。

なぜなら、私の母が、巻き爪ロボのような、自宅で簡単に巻き爪の治療をすることができる商品があるということを知らずに、手術をしてかなりの激痛だったといっていたからです。

▼詳しくは【巻き爪ロボ公式サイト】をご覧ください▼

巻き爪は、初期段階では、痛みがない場合がほとんど??

それもそのはず、爪には神経が通っていないからです。

だから、私の母をふくめ、ほとんどの人たちが、痛みでどうしようもなくなるまで放置してしまうのでしょう。


想像してみてください...


もし、爪に神経があったら、爪切りは拷問そのものになってしまうでしょう。


そもそも、本来の爪の役割は足の指を守ってくれる盾のようなものです。


では、どうして、巻き爪が痛みを引き起こしてしまうのでしょうか。

その理由は、爪の下に、神経がびっしり通っていることから起こります。

本来、足の指は爪でガードされています。


しかし、巻き爪になることで爪の尖った部分が、爪下の肉に喰い込んでしまうのです。

爪の下には神経がびっしり通っている...

それが、食い込んでくるのですから、たまったものではありません。


爪が食い込めば食い込むほど、痛みは増し、さらに皮膚に傷がついて雑菌が入り込みます。

その状態が続くと巻き爪が食い込んだ部分が炎症を起こし、化膿してしまうのです。

化膿して炎症がひどくなる前に早めに対処を!

巻き爪で悩んでいる方の多くが、たかがこれくらいと思って放置した結果、痛みが増して困っているようです。

もしかして、あなたもそうじゃないですか?

実はここだけの話、私の母がそうだったんです^^


私の母は巻き爪のまま長期間放置していました。

その結果、爪も皮膚もダメージを受けてしまい、最終的には、外科手術をすることになりました。

詳しくはこちらの記事中段をご覧ください → 私の母の実話「巻き爪が化膿して治療した話」

私の母のように巻き爪手術をした場合の費用について

巻き爪が酷くなり、これは手術でなければ対処できないとなった時に、気になるのは、痛いかどうか、を除けば治療費ですよね?

保険が効く治療法なら、まだいいですが、巻き爪の治療には、保険外のものも多いので、完治するまでに幾ら掛かるのか。


それを考えると、結構不安になるのではないでしょうか?


しかし、実際の所を言うと、巻き爪の治療には、そんなウン十万のような多額の費用は掛かりませんので、安心して下さい。

病院や治療の方法によっても、費用は違ってくるのですが、巻き爪が完治するまでに掛かる費用は10,000~数万円が相場のようです。

ただ、その金額の中でも、巻き爪の症状の度合いや、治療法の選択によっても、大きく変わってくるのも事実です。


よくよく、病院の主治医の先生とカウンセリングをして、納得のゆく治療法を模索してみましょう。

巻き爪の手術&治療には、どんな方法があるのでしょうか?

一般に良く知られている治療法は、プレート方法というものがあります。

巻き爪は爪が内側に反り過ぎて皮膚に喰い込む症状ですから、形状記憶合金のプレートを爪の上に張ります。

このプレートが、爪を内側に巻くのを上からの圧力で押さえつける事で、爪を矯正していく方法です。


この手術方法は、病院や、クリニックによって費用が異なるのですが、大体はプレート1枚5000円というのが相場だそうです。

ただ、この方法は、一度行うだけで終わるのではなく、効果が出るまでは数カ月は掛かる場合もあります。

その場合には、プレートの枚数が増加する事になるので、トータルだと数万円位は費用が掛かる事になります。


また、こういう矯正で済まない状態になった場合には、外科手術が施されるそうですが、こちらは、保険が適用されます。

手術自体は、麻酔込みで、30分~60分程度の場合が多いようで、基本的には入院の必要もなく日帰りでOKなんだそうです。

費用も通院含めて、10,000~20,000円前後と病院で矯正するよりは安くすむ場合があるみたいですね。


でも、私の母のようにせっかく仕事が休みのタイミングを見てなんとか病院に行ったのに...

「手術で麻酔が全然効かなくて激痛で死にそうだった!」

ということもあるので、時間、費用、痛みなどを考慮し、どのような治療を選択するのか?

というのはとても大事になってくるでしょう。


・自宅で矯正をするのか?

・病院で矯正をするのか?

・病院で手術をするのか?


以前は治療をするうえでの選択肢が少なかったのですが、今はいろいろな方法を選択することができます。

あなたに合った巻き爪の治療法が見つかるといいですね。

最後に、改めてもう一度こちらの動画をどうぞ。


巻き爪ロボという巻き爪を自宅で簡単に矯正してしまう医療機器の認可を取得している治療器具です。

▼詳しくは公式サイトを今すぐご覧ください▼

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional